日本心臓ペースメーカー友の会 東京支部へようこそ!
ペースメーカー・ICD・CRTの植込みをされた方、これから手術を受けようとされている方。

“心臓”はペースメーカーやICDの機能にお任せしても、“自分自身”は病院任せ、医師任せにするのはやめましょう。自分の病気について、ペースメーカー等のデバイス(機器)について調べ、勉強しましょう。病院では診療時間が短くて聞けないこと、聞きにくいこと、何をどう聞けば良いのか解らないこと、有りませんか?

「ペースメーカー友の会」にはたくさんの相談役や顧問の医師、ペースメーカー・ICDなどのデバイスに精通した技師の方々が参加され、「講演会」「勉強会」「Q&A(質問と回答)」等で、新しい治療法や薬の知識を深めたり、会員の皆さんの疑問にお答え頂いています。

東京支部では、顧問医師として、一般財団法人 日本デバイス治療研究所 専務理事の中島 博先生にお引き受け頂いています。

また、東京支部には色々な病歴や手術、感染症などを体験した多くの先輩会員がいます。
「そんな悩みは、こんな風に解決したよ」「そんな症状は、こんな風に先生に説明してみたら」等、“賢い患者”になるためのノウハウを先輩会員たちは、たくさん持っています。

「日本心臓ペースメーカー友の会 東京支部」では、様々な行事や支部報を通じて、医師や技師、先輩たちとの橋渡しをしています。一緒に勉強し、先輩たちのアドバイスを受け、正しい知識、新しい情報を得て安心と安全、QOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)向上を目指しましょう。皆さまのご参加をお待ちしています。
What's New
知る・楽しむ
東京支部ブログへ